ニキビにおける成長ホルモンと男性ホルモンとは?〜ホルモンが多いとお肌はこうなる〜

成長ホルモンと男性ホルモン

目次

・成長ホルモンから何故ニキビができる?

・男性ホルモンから何故ニキビができる?

・まとめ

・成長ホルモンから何故ニキビができる?

思春期にニキビができやすいのは、成長ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活性化することが主な原因です。

そのため、皮脂腺の多い部分に発生しやすいのです。特にTゾーンは、顔の中では最も毛穴が多く、その数は頬の約7倍にもなります。

思春期に皮脂分泌が活発になるのは、成長ホルモンが変化するからです。この時期には成長ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。

男性ホルモンから何故ニキビができる?

男性ホルモンは皮脂の分泌が活発になり、余分な皮脂は毛穴の詰まりの原因になります。

元々人間の肌にはアクネ菌がいるのですが、皮脂を好物とし、空気を嫌う性質があるため毛穴の中に潜んでいます

そのアクネ菌が余分な皮脂で増殖しニキビや悪化の原因になってしまうというわけです。

男性ホルモンには、角質を厚くさせる性質もあるため、厚くなった皮膚は毛穴を狭めます

そうすると、毛穴に溜まった余分な皮脂は、排出することもできずに詰まってしまうのです。

余談ですが、男性なのに顔つき、体つきが女性らしい人っていますよね?

そういう人に限って肌が綺麗でニキビが全然ない(ついでにいうとヒゲも薄い!笑)ってパターン結構当てはまると思います(笑) (ちなみに僕はバリバリの男性ホルモンマンです。笑)

そういう人は男性ホルモンが少ないから(もちろん例外もありますよ。)なんです。(ある程度は外見に出ます。注意深く街歩いている人など観察していれば、あっ!と気づくはずです。)

まとめ

成長ホルモンは食事や生活習慣の問題ではなく、身体構造上の生理的な問題ですから、仕方がないとも言えます。

ですので、肌のケア洗顔剤の使い方や、化粧水のやり方正しく行なっていくことがニキビ退治に繋がっていきます。

しかし、大人になってからの大人ニキビに関しては、

男性ホルモンが多い人は、男性ホルモンをいかに抑えるか、が1つのキーポイントになります。

では、どうすれば男性ホルモンを抑えることができるのでしょうか?

男性ホルモンが発生する理由は

・不規則な生活

・ストレス

・食事

などがあり、

不規則な生活をしていると、それだけで男性ホルモンが多く分泌します
他にストレス、偏った食事も男性ホルモンが多く分泌する原因にもなります。

ですから、不規則な生活、ストレス、食事を改善するだけでもかなりの男性ホルモンが抑えることができます

ですので、自分はこういう体質だから…と諦めずにまずは普段の生活スタイルを見直すことから始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする