ニキビができない清潔な方法とは?〜これでなかなか治らないニキビとおさらば〜

ニキビができない清潔な方法とは?

まず、規則正しい生活の前に清潔に!

以前、ニキビを治していくためには規則正しい生活が必須と書きましたが、いくら規則正しい生活をしていても、不潔でいれば何の意味もありません。。

まずは清潔にすることから始めましょう!

思春期は成長ホルモンの関係で皮脂が発生しやすいだけでなく、日々のクラブ活動などで汗もかきますから、皮脂を抑えるように清潔にすることが大切になります。

思春期に脂取り紙は必須ですね。

クラブ活動や仕事から帰ってきて疲れたからといって風呂も入らずにそのまま放置して寝ると汗が肌に付着し、さらに枕などの寝具に皮脂が当たっている状態ですから、ニキビが余計増えてしまいます。

また、窓を開けて換気を行うことも大事になってきます。

不潔な部屋は皆さんが思っている以上に埃が充満しています。

埃は目に見えない分、意識があまり向かないと思いますが、肌には天敵なので、埃にも充分気を付けていきましょう。

他にも顔を洗う場所なんですが、ほとんどの人が朝は洗面所、夜はお風呂場で行なっている人が多いと思います。

ですので、洗面所、お風呂場に垢などが付いてるとその垢が肌に付着する可能性が高くなります。

また、入浴中のお風呂のお湯もなるべくこまめに新しいお湯に変えないと古いお湯のまま浸かると、体の老廃物が残っていてそれがニキビの原因になりますので、こまめに掃除をして新しいお湯に変えるようにしていきましょう。

特に洗面所、お風呂場は清潔にしましょう。

あと、カミソリもなるべく新しいものに変えないと、古いカミソリをそのまま使い続けると、カミソリに付着した垢や埃が肌に付着し、それもニキビの原因になりますので、カミソリもなるべく新しいものに変えていきましょう。

女性の場合は必ず化粧を落としてから寝るようにしましょう。

また、意外と見落としがちなのが、手の汚れと爪ですね。

手は顔に一番触れる部分でもあるので、不潔な手で不意識に触ると気づかない内にニキビができていた…なんてことにもなりかねませんので、なるべく顔には触れないように意識していきましょう。

次に爪ですが、伸ばしっぱなしの爪は間にガスが溜まっていて、これも肌トラブルの原因になります。

伸ばしっぱなしの爪で顔を触ると小さな傷が肌につくこともあり、そこから肌トラブルに発展することもあります。

なので、爪はなるべく短く切り、手と同様にあまり顔には触らないようにした方が良いですね。

まだあります。髪の毛ですね。短髪の方は問題ないのですが、特に女性や髪の長い男性は要注意です。

髪が長い、ということが問題なのではなく、毛先が当たることが問題なのですね。(これを踏まえて考えるとミディアムくらいが一番危ないということになりますね。)

ですので、毛先が肌に当たるくらいの長さの人は髪を束ねて肌に当たらないようにするか、ヘアスタイルを変えるなどして肌に当たらないようにする工夫が必要になります。

また、過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

ですから、ニキビを無理に触るのは厳禁ですね。

特に冬場はマスクを着用することが増えますが、マスクでもニキビを悪化させる原因になるのでできれば避けた方が無難かと思います。

まとめ

・思春期に脂取り紙は必須

・毎日お風呂に入る

・寝具はこまめに洗濯を!

・窓を開けて換気を行う

・洗面所、お風呂はこまめに掃除をする

・カミソリはこまめに新しいものに変えて使用する

・女性の場合、必ず化粧を落としてから寝るようにする

・あまり手で顔を触らない

・爪をこまめに短く切る

・髪は肌に当たらない長さにする

・ニキビを無理に触らない

になります。

色々ありますので混乱するかもですが、意外と当たり前のことばかりです。。

ですので、難しくはないです。

これを守らないとせっかくの毎日のケアが意味をなさなくなってしまいます。。

ですので、清潔は必ず守ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする