思春期ニキビと大人ニキビとは?〜なぜ思春期ニキビ、大人ニキビができるのか?〜

思春期ニキビと大人ニキビとは?

目次

・思春期ニキビとは?

・大人ニキビとは?

・思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビとは?

思春期ニキビとは10代の中学生から高校生にかけてできるニキビです。

思春期の頃は体を作るために成長ホルモンが分泌されます。

皮脂分泌が過剰になることにより、皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖します。

従ってニキビができやすくなるのです。

ホルモンバランスが整ってくる20代前後になると自然にこの思春期ニキビはできなくなっていきます

大人ニキビとは?

大人ニキビとは思春期を過ぎて社会人になってからできるニキビです。

この大人ニキビの原因は思春期ニキビと違い、睡眠不足不規則な食生活喫煙飲酒ストレススキンケアホルモンの関係などさまざまな要因が考えられます。

ストレスや不規則な生活習慣からくるお肌のトラブルから男性ホルモンが過剰に分泌され、大人ニキビができていきます。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビは改善策が異なってきます。

例えば、思春期ニキビに対しては、成長ホルモンによる皮脂の分泌が原因であることが多いため、皮脂の量と水分量を適度に保つことが肝心だといわれています。

一方、大人ニキビは、生活習慣全般を見直しストレスのない生活や規則正しい生活、健康な食生活を心がけ男性ホルモンの過剰による分泌を抑える、という対策になるでしょう。

つまり、思春期ニキビは成長ホルモンの過剰なのに対して、大人ニキビは男性ホルモンの過剰ですね。

従って、思春期ニキビは成長ホルモンの過剰ですから、きちんとした生活、食事をしていてもニキビはできていきます。

しかし、年齢と共に個人差はありますがある時期を境にニキビは自然と治っていきます

大人ニキビはきちんとした生活さえ心がけていればニキビはできなくなっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする