オルビスクリアはニキビを治す効果があるのか?ニキビを治す効果的な使い方、料金、口コミ、成分を紹介します。

オルビスクリアはニキビを治す効果があるのか?

オルビスクリアのニキビケア成分は?効果 使い方 価格 口コミチェック

オルビスクリアはニキビケアのために作られた化粧品です。

果たして本当に効果はあるのでしょうか。

ニキビケアブランドとして知名度の高いオルビスなので、何をしても改善されなかった肌荒れにも効果が期待できるでしょう。

ここでは使い方や価格、実際の声をまとめて、ご紹介していきます。



■基本の3ステップでスキンケア「オルビスクリア」とは?

オルビスはニキビ研究25年のパイオニア。

「オルビスクリア」は肌のシステムやメカニズムに基づいたニキビケアとして登場しました。不安定になりがちな生理周期の肌を基本の3ステップでアプローチしながら、すこやかに導く医薬部外化粧品ですよ。

○オルビスクリアの5つの特徴

・生理周期によってできてしまうニキビに着目

大人ニキビの赤みをケアしながら肌バリア機能とうるおいを守る最先端3ステップスキンケア
・100%オイルカットだからベタつきをオフ
・無香料・無着色
・3週間分のトライアルが1,296円とお得
・通販限定。初回注文時に使える最大700円分のポイントあり

○オルビスクリアの全成分

【薬用クリアウォッシュ】

[有効成分]
グリチルリチン酸2K

[その他の成分]
水・ステアリン酸・グリセリン・ラウリン酸・水酸化K・パルミチン酸・ミリスチン酸・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液・BG・リン酸2Na・シコニン・ヨクイニンエキス・コラーゲン・トリペプチド F・PEG(20)・PCAイソステアリン酸POEグリセリル・POEヤシ油脂肪酸グリセリル・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体・メントール・ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル・カルボキシメチルセルロースNa
【薬用クリアローション しっとり】

[有効成分]
グリチルリチン酸2K

[その他の成分]
水・エタノール・BG・グリセリン・ソルビット液・POE(24)POP(24)グリセリルエーテル・シコニン・ヨクイニンエキス・コラーゲン・トリペプチド F、ローズマリーエキス・キサンタンガム・クエン酸Na・クエン酸・ジエチレントリアミン5酢酸5Na液・フェノキシエタノール・メチルパラベン

【薬用クリアモイスチャー しっとり】

[有効成分]
グリチルリチン酸2K

[その他の成分]
水・BG・グリセリン・ジグリセリン・シコニン・ヨクイニンエキス・コラーゲン・トリペプチド F・シロキクラゲ多糖体・ヒドロキシエチルセルロース・カルボキシビニルポリマー・水酸化K・フェノキシエタノール・メチルパラベン・ジエチレントリアミン5酢酸5Na液

■ニキビ有効成分「グリチルリチン酸2K」とは?

もっとも注目すべきオルビスクリアの成分は、「グリチルリチン酸2K」です。

グリチルリチン酸2Kはニキビの有効成分として厚生労働省に認可されています。

漢方でも使われている甘草の根から抽出された成分で、抗炎症・抗アレルギー作用が期待できますよ。

ただグリチルリチン酸2Kはニキビの赤みを抑えるのに有効であって、完治にはいたりません。

あくまでも炎症を抑えるものだと心得ておきましょう。

別名「グリチルリチン酸ジカリウム」とも呼ばれています。

医薬品の位置づけであれば大いに改善が期待できますが、オルビスクリアは医薬部外品(薬用)なので、グリチルリチン酸2Kの作用は予防に役立つと考えられるでしょう。

大量の使用は副作用の危険がありますが、医薬部外品なら安心して使えますよ。

■ではニキビを根治へ導くためにはどうすればいい?

グリチルリチン酸2Kだけではニキビを根治できません。

あくまでも炎症を抑えるだけなので、一時的に症状がよくなっても繰り返すおそれが十分にあります。

ニキビを完全に治すためには肌を保湿し、バリア機能を高めなければなりません。

特にオルビスクリアには肌バリア機能をアップして、健康な肌づくりへ導くための工夫がされていますよ。

○バリア機能をアップしてニキビ撃退へ

肌バリア機能とは、水分たっぷりの角質層をさします。

角質層は肌のもっとも表面に位置し、うるおいをたっぷり含むことで肌内部の水分蒸発を防ぐ、乾燥などの外的刺激から守るなどの役割を果たしています。

バリア機能が低下していると、古い角質が蓄積して皮脂の毛穴づまりを引き起こしニキビができやすくなります。

バリアは雑菌などの繁殖を防ぐ役割がありますが、低下することでアクネ菌が繁殖しやすくなって悪化させてしまうこともあります。

特に生理周期のプロゲステロン優位になる時期は、バリア機能が低下してしまいがちです。よってオルビスクリアに含まれている紫根エキスによってバリア機能をアップし、肌荒れやニキビができにくい肌へ導きますよ。

○ベタつかない高保湿ケアを実現

さらにオルビスクリアは、保湿成分である「浸透型コラーゲン」を配合しました。

さらにハトムギエキスのひとつであり保湿成分の「ヨクイニンエキス」はニキビケアにも期待できます。

100%オイルカット処方なのでニキビの悪化を防ぎつつうるおいを高め、バリア機能アップへ導きますよ。

○しっかりうるおいを届け保つ工夫も

クリアローションには皮脂になじませるための「ディープデリバリー処方」によって毛穴の奥まで保湿成分をしっかり届けます。

さらにモイスチャーの「ACケアネットシステム」によって水分をしっかりキープする処方になっていますよ。

クリアウォッシュは、「バウンドリッチ処方」によって弾力のある泡を作り、肌を傷めずにしっかりと洗顔できます。

○ピーリング成分不使用で安心

通常、ニキビケア化粧品にはサリチル酸やアルファヒドロキシ酸などのピーリング成分が含まれています。

ピーリングはニキビの原因となる古い角質を除去するために行われます。

ただ肌を乾燥させバリア機能を低下させてしまうおそれもあるので注意が必要です。

バリア機能の低下は、やがてニキビを悪化させてしまうことにつながってしまいます。

ニキビを治すためには古い角質を自然にはがし落とすためのターンオーバーがかかせません。

ピーリングは一時的にしか古い角質を除去できないうえ、肌を乾燥させてバリア機能を低下させてしまうので、避ける方が安心です。

よって化粧品の成分は、オルビスクリアのように保湿重視で選びましょう。

■オルビスクリアの効果的な使い方

しっかりとニキビケア効果を感じるためにも、洗顔料、化粧水、保湿剤のすべてにグリチルリチン酸2Kが含まれているオルビスクリアを効果的に使いましょう。

○クリアウォッシュはしっかり泡立ててから

1㎝くらいのクリアウォッシュを手に取ってしっかり泡立ててから洗いましょう。

泡立てネットを使用するとキメ細かく弾力のある泡ができあがります。

すすぎは冷たすぎない水で十分に行ってください。

成分が肌に残ってしまうと肌トラブルの原因になってしまうので、しっかり落としましょう。

○クリアローションとモイスチャーは適量を

しっかりと洗顔したらクリアローションとモイスチャーで保湿しましょう。

ローションはティースプーンの1/2量、クリアモイスチャーは小豆1、2粒とされていますので、最低でも適量をしっかり使うことが大切です。

しっとりとさっぱりタイプがありますが、全体的に軽い使用感が特徴です。

足りない方は重ねづけしてください。

ハンドプレスすると肌にすっとなじみ、しっとり感を保てますよ。

■オルビスクリアの価格やコスパをチェック

オルビスクリアは、洗顔・化粧水・保湿剤と以下の3ステップでニキビをケアします。

・薬用クリアウォッシュ 1,404円
・薬用クリアローション 1,620円/つめかえ1,404円
・薬用クリアモイスチャー 1,836円/つめかえ1,620円

全般的にオルビスクリアの価格は、化粧品の相場価格から少々安めなのが魅力ですね。

さらにうれしいのが、ローションとモイスチャーにはつめかえが用意されています。

コスパよく使えるのもうれしいですよね。

自分の肌に合うのか、少しだけ使ってみたいときは、薬用クリアトライアルセットが用意されています。

1,296円で約3週間たっぷり使えるのが魅力ですよ。

■実際のニキビへの効果は?口コミのまとめ

実際にオルビスクリアをニキビへ使ったユーザーの感想をまとめました。

すべてが30代以上のモノばかりであることから、大人ニキビに効果的であることがうかがえますね。

皮膚科での処方でも治らなかったニキビが薬用クリアローションを使ってから治った(30代前半)
・毛穴汚れが軽減!(30代前半)
・ムダなベタつきが落ちるのに乾燥しない(30代前半)
・薬用クリアをライン使いするとニキビができない(30代後半)

ただ中には「ニキビにはよく効くものの、インナードライ肌が悪化し乾燥肌になってカサつきが出てしまう」と言う口コミもありました。

乾燥気味の方の中には物足りなく感じてしまうようなので、モイスチャーを乳液に変えて試してみてもいいかもしれませんね。

いずれにしても肌質には個人差があるので自分に合ったケアをしましょう。

オルビスクリアはニキビに効果的な工夫がたくさんなのでぜひ試してみましょう。簡単3ステップでコスパもいいので、ぜひチェックしてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする