ニキビができない正しい化粧水のやり方教えます

ニキビができない正しい化粧水のやり方

生活習慣も問題ない、食事や睡眠も問題なかったとしても、洗顔後の最後に付ける化粧水の使い方が間違っているとこれまでの苦労が水の泡です。。

化粧水にもやり方がありますので正しい使い方をマスターしましょう。

化粧水を直接手に付けて手で行う

コットンを使用する人がいますが、コットンより直接自分の手で付けた方がより化粧水が浸透しやすいので、手で行うようにしましょう。

ただし、使用する前に手に汚れが付いてないか必ず確認してからにしましょう。

不安であれば使用する前に手を洗う癖を身につけるのも一つの方法ですね。

顔に残っている水分はしっかり拭き取る

水分が残っていると、水分と化粧水が混じり、化粧水本来の力が発揮できず効果が下がります。

ですので、水分はしっかりと拭き取ってから化粧水を使用するようにしましょう。

ちなみに拭き取る時は力を入れてゴシゴシ拭くのではなく、そっと押さえるような感じで拭き取っていきましょう。

・洗顔後、すぐに化粧水を付ける

実は入浴中はお肌に潤いをあたえる保湿因子が流れ出てしまっています

そのため、入浴後は入浴前よりも乾燥しやすい状態のお肌になっています。

ですのでお風呂上がりは保湿因子がなく、さらに水分が一気になくなるので1日中でいちばん乾燥しやすい状態になっています。

つまり、洗顔直後は皮脂がないため、すぐに乾いてしまいます。
ですので、入浴直後、すぐに化粧水をつけないといけないというわけです。

つまり、お風呂後は肌の水分量が減りやすいため、それをもとの水分量に保持する必要があります。

従って、ベストタイミングは洗顔直後が良いという訳です。

化粧水を付け過ぎない

・普通肌の場合

よく言われるのが、500円玉くらいの量を付ける、という記述をよく見かけますが、あれはあくまでも「大雑把な目安」でしかありません。

というのも、人それぞれ肌の性質も違いますし、例えば同じ脂性肌でも人によって度合いが違うからです。

普通肌の人の場合、普通の化粧水で十分ですが、人によっては皮脂量など特に問題がなければ化粧水をつける必要すらないからです。

ですので、普通肌の人は乾燥肌や脂性肌の人よりも少量の化粧水でこと足りると思います。

ただ、この少量、というのは人によってつける量が変わってきますので、ご自身の肌の状態に合わせて使っていくのがベストと思われます。

量がよく分からない、というのであれば、500円玉サイズ、を目安に考えていただければ大丈夫です。

・脂性肌の場合

脂性肌は、ベタつくからとスキンケアでの保湿を省いたり疎かにしがちですが、肌に水分が足りていないと、乾燥から保護しようと肌はさらに皮脂を過剰に出してしまうとされています。

そのため、オイリーがちな肌(脂性肌)でいくら皮脂が過剰であっても、脂性肌用の化粧水でうるおいをしっかりと補給することが大切だと言えるでしょう。

・乾燥肌の場合

乾燥肌とは、肌の表面にある角質層内の水分量が低下した肌のことです。

そのまま放っておくとさらに乾燥が進み、肌のカサつきだけでなく白い粉をふいたようになったりかゆみを伴ったりしますのできちんと対策することが大事です。

肌が乾燥してしまう1番の原因は洗顔後の保湿ケア不足です。

「顔を洗った後は、化粧水をつけておけば大丈夫」と思っている方もたくさんいるかもしれませんが、化粧水だけでは特に乾燥肌の場合、蒸発してしまうのであまり効果が期待できません。

かといって、たくさん化粧水をつければ良い、というわけでもありません。(普通肌や脂性肌よりは多少の化粧水は必要かも知れないけれど)

ちょっとした埃などでニキビができやすくなりますので化粧水の後は必ず乳液やクリームの油分で肌にフタをして潤い成分を肌にしっかりと閉じ込めるようにしましょう。

・混合肌の場合

混合肌は脂性肌と乾燥肌が合体したような感じです。

ですので、特にTゾーンの脂性肌には脂性肌用の化粧水を塗り、頬付近の乾燥する部分には化粧水を塗ったあとに、乳液やクリームを塗る、などのやり方でやっていくしかありません。

めんどくさいからといって顔全体に化粧水を塗り、乳液やクリームを塗ると肌トラブルになりますので、めんどくさくてもしっかりと脂性肌部分と乾燥肌部分と分けてケアしていきましょう。

・化粧水を顔に馴染ませる感じで塗る

たまにパンパンと叩くことで浸透しようとする人がいますが、かえって逆効果になります。

叩くことで、肌に刺激を与えてしまい、ニキビが余計悪化するからです。

なので、叩くのではなく、塗っていくような感じで化粧水を使っていきましょう。

塗るだけでは浸透しないと思っているかも知れませんが、皆さんが思っている以上に肌に浸透しているのです。

塗るだけだと不安で仕方がないからといって化粧水の量を増やしてもあまり効果はありませんので、ご自身の肌の状態に合った化粧水の量で優しく撫でるように塗っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする