ニキビ洗顔剤の正しい洗い方の手順はこれだ

ニキビ洗顔剤の正しい洗い方の手順

洗顔のしすぎはお肌を乾燥させ、バリア機能を弱めてしまい肌が敏感になりやすくなります。

その上、乾きをフォローしようとお肌が皮脂をどんどん出すので逆にオイリー肌になりニキビが出来やすくなります。

なので、1日に2回、朝と晩だけ洗えば十分です。

かと言ってどうやって洗えば良いの?という疑問が出てくると思うので、効果的な洗い方をご紹介します。

効果的な洗い方

1.まず手を洗う。
2.顔を素洗いする。
3.洗顔料を泡出てネットを使ってしっかり泡立てる。
4.指が肌に少しだけ触れるように円を描きながら優しく洗う
5.泡が残らないようにしっかりすすぐ。
6.最後は優しくタオルを顔に当てるように水気を取る。

になります。

だめな洗い方

だめな洗い方は、

・ゴシゴシ強くこするように洗う
泡立てない
・冷水、熱々のお湯で洗う
1日に何回も洗う(3回以上)
また、
・3分以上洗っている

他にもありますが、基本これになりますね。

ダメな洗い方を解説します。

・ゴシゴシ強くこするように洗う

これは、洗顔剤を付ける前の素洗いの時もそうですが、特に顔は他の体の部位と違ってデリケートです。
体を洗うときはタオルを使って洗いますが、顔を洗う時は手で洗いますよね?

逆に体を手で洗いますか?顔をタオルで洗いますか?

つまり、顔は体と違い、デリケートなんです。

なので、顔は素洗い、洗顔剤関係なく常に優しく洗うようにしてください。

・泡立てない

これは ニキビ きめ細かい泡の出し方 でも解説していますが、あまり泡の出ていない状態だと肌の汚れへの吸引力が弱くなり本来の洗顔剤の効果が発揮できなくなります。

洗顔剤は「泡立ててナンボ!」です。

・冷水、熱々のお湯で洗う

顔は上記のゴシゴシ強くこするように洗う にもありますが、

体と違ってデリケートなだけでなく、痛みにも敏感な部分でもあります。
ですので、あまり極端な水温で洗うと顔の肌細胞がビックリし、ニキビまではいかなくとも肌荒れなどの原因になりますので、ご自身の体温より少しぬるいくらいの温度(大体約33度くらい)で洗っていくようにしましょう。

・1日に何度も洗う

洗顔の回数は1日に2回、朝と晩だけで充分です。

3回以上はNGです。

早くニキビを直したがために1日に何度も洗う人がいますが実は逆効果です。

洗いすぎると肌に元々備わっている皮脂も一緒に取れてしまうからです。

皮脂はあり過ぎも問題なんですが、ニキビの原因には他に、皮脂が無さ過ぎるのも問題なんです。

多少の皮脂は外部からの埃や刺激を守る役割もあるので、洗い過ぎて皮脂が取れてしまうと、外部からの埃などに耐えられなくなりニキビができやすくなってしまうのです。

つまり、乾燥肌になります。

また、1日に2回の洗顔を行なっているが、その一回にかける時間が3分以上洗っている場合も要注意です。

一回にかける時間は長くても2分まででこれ以上の洗顔は上記の1日に何度も洗う の欄にも書いてあるように、長過ぎる洗顔は本来残しておくべき皮脂まで取ってしまうからです。

なので、1日に要する洗顔は1日に朝と晩の2回、2分以下で行うようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする