ニキビ洗顔剤のきめ細かい泡の出し方を教えます

ニキビ きめ細かい泡の出し方

泡洗顔にとって理想的な泡とは

泡洗顔にとって理想的な泡とは、毛穴の奥まで入り込むサイズの泡です。

キメが細かくて豊かに泡立つきめ細かい微細な泡でなくてはなりません。

キメの細かい小さなサイズの泡であればあるほど肌への接触面が大きくなり、毛穴は勿論、顔の隅々まできれいに洗浄することができるのです。

見た目は同じ泡でも、適当な泡と微細な泡とでは全然違います。

このような感じですね。


なんというか、微細な泡はホイップクリーム?(例えが下手!)のような感じですね。

このくらいの泡になりますと、手のひらを下に向けて泡を床面に向けても落ちません。

これは微細な泡になったことで、肌への接触面が広くなったことが原因ですが、このくらいの泡になると汚れの吸引力も高まるということてすから、いかに微細な泡を作るかがお分かりいただけたと思います。

なので、生活スタイルは問題ない、洗顔剤を使っているのにニキビが治らない、となるなら、まずは泡の見直しをしてみるのも良いかもしれません。

それではまず、上記のようなキメの細かい泡を出すためにはどうすれば良いのでしょうか?

一つは泡だてネット(モコモコとしたやつ)を使います。
ご自身の手でチューブ状態から泡を作り出すことも可能ですが、時間がかかる上、完璧な泡を作るのにはコツがいりますので、ここでは泡だてネットを推奨していきます。


手順1
まず、ご自身の手をしっかりと水とハンドソープを使って汚れを落としていきます

手に汚れがついた状態で泡だてネットを使っても手の汚れが泡についてしまい、汚れをそのまま顔につけてしまうようなものだからです。

それでは何のための洗顔なのか分からなくなるので、まずはしっかりと手の汚れを落としてからにしましょう。


手順2

ぬるま湯(33度前後)のお湯で顔を軽く素洗いします。(汚れを落とすというより、ただ濡らすだけ)

この時にあまり強くゴシゴシやると肌に傷がつき菌が侵入しニキビができることもありますので、軽く優しく顔を濡らす、イメージで素洗いしていきましょう。

手順3

次に泡だてネットをぬるま湯のお湯につけて濡らします。

濡らしたら洗顔剤のチューブ、約1センチを濡らした泡だてネットにつけます。
(ポンプ式の洗顔剤なら2プッシュ)

そのまま泡だてネットに洗顔剤を溶かすようなイメージで軽く擦っていきます。

しばらくすると泡が出てきます。

ここまでは誰でもできるのですが、ここから先が重要で先ほど書いた上記の普通の泡と微細な泡は違うということですが、

微細な泡を作るには、しばらく擦って出てきた普通の泡からさらに少しだけ少量のぬるま湯を足していきます。

また擦っていきます。

少量のぬるま湯を足す→擦る→足す→擦る

の繰り返しで微細な泡が完成していきます。

ここで注意して欲しいのは、微細な泡が出ないからといって洗顔剤を足していくことです。

洗顔剤を足しても微細な泡は出てきません。
むしろ、洗顔剤が泡を邪魔してまた1からのやり直しになります。
多量の洗顔剤はニキビに逆効果になりますし、何よりコスパも悪いですからね。。

ですので、洗顔剤の量よりいかにして微細な泡をたくさん出すか?を優先するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする