ニキビにおける肌の種類 普通肌とは?脂性肌とは?乾燥肌とは?混合肌とは?

ニキビにおける肌の種類

目次
・普通肌の解説
・脂性肌の解説
・乾燥肌の解説
・混合肌の解説

肌と一言にいっても人によって肌の性質はそれぞれ違っており、対策の仕方もすこし変わってきます。

肌の種類

・普通肌
・脂性肌
・乾燥肌
・混合肌

の4つがあります。

普通肌

皮脂の分泌が多すぎず少なすぎず、肌がかさついてもいない状態なら、普通肌です。

理想的な肌の状態といわれます。

ニキビができてもある意味手間があまりかからない肌とも言えます。

脂性肌

顔が皮脂で脂ぎってべたべたしているなら脂性肌です。

特に額と鼻をつないだTゾーンは、皮脂の分泌が多いため、べたつきやすい傾向があります。

他に頬付近もべたついているなら脂性肌になります。

過剰な皮脂はにきびや肌荒れの原因になるため、余分な皮脂を定期的に取る必要があります。

乾燥肌

肌が全体的にかさかさしているなら乾燥肌です。

肌の皮脂の分泌が少ないため、肌の表面の水分が無くなりやすくなります。

乾燥肌が悪化すると角質がどんどん剥がれて皮膚のバリアー機能が弱くなり敏感肌になります。

敏感肌は乾燥肌がさらに悪化して色んな刺激に敏感になり、肌荒れの他にニキビができやすくなります。

乾燥肌は乾燥を防ぐため、油分と水分の両方を与え保湿力とバリアー機能を高める必要があります。

混同肌

混合肌とは脂性肌と乾燥肌の両方が存在している状態です。

たとえば、Tゾーンは皮脂で脂ぎっているにもかかわらず、頬やフェイスラインなどが乾燥している状態です。

脂性乾燥肌とも言われます。

脂ぎっている部分は皮脂を取り除きつつ乾燥しているところは油分と水分を与える必要があり手間がかかります。

4つの肌タイプの中で一番手間がかかる肌です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする