ニキビのできる場所 生え際、Tゾーン、鼻、頬、あご、口周り、フェイスライン~それぞれの特徴を解説します~

ニキビのできる場所

一言にニキビと言っても顔のどの部分にニキビができたか?によっても対策のやり方が変わってきます。

目次

・生え際への原因と対策
・Tゾーンへの原因と対策
・鼻への原因と対策
・頬への原因と対策
・あご、口周りへの原因と対策
・フェイスラインへの原因と対策

ニキビにはそれぞれにできる場所があり、原因や対策の仕方が変わってきます。

基本的に、

・生え際
・Tゾーン
・鼻
・頬
・あご、口周り
・フェイスライン

にニキビができます。

では、説明していきますね。

生え際

原因

生え際のニキビの場合、シャンプーやリンスなどの不十分なすすぎの為、シャンプーが残ったまま就寝した。また、毛穴の汚れを洗顔でちゃんと取れていない、ストレスなどが挙げられます。
対策

洗髪ではきちんとシャンプー、リンスを生え際までしっかりと洗い流すようにしていきましょう。

ストレスが多い人は、運動などご自身に合ったやり方で心身をリフレッシュするよう心がけてみてください。

Tゾーン

原因

皮脂線が発達しているTゾーンは、ニキビが出来やすい場所です。
ホルモンバランスの乱れ、前髪の雑菌が付着することが原因と考えられます。
また、思春期ニキビに一番できやすい部位でもあります。
対策
前髪がおでこにかかっているなら、おでこに髪の毛がかからない髪型にしましょう。

また、食生活の見直し、睡眠などに気を付けホルモンバランスを整えることも大事です。

原因
鼻は毛穴が多いため、皮脂の分泌が盛んな部分です。
原因としては手穴の汚れを洗い流せていないこと、紫外線、手で触るなどの刺激でターンオーバーが乱れて毛穴が詰まることが原因です。
鼻を触る癖がある場合は手からの雑菌が原因になる場合もあります。

対策
鼻のニキビの対策としては、きちんと洗顔することが大事です。
癖で鼻を触る癖があるのでしたら、なるべく鼻を触らないように注意しながら行動していく事が大事になります。

原因
頬は顔の中でも乾燥しやすい部分です。
男性は男性ホルモンの影響でニキビができやすい場所でもあります。
女性の場合はさらに2つの原因の可能性があります。
乾燥、冷え、ホルモンバランスの乱れによる過剰の皮脂分泌です。
もうひとつ男女共に要注意なのは、不潔な寝具、バスタオルによる雑菌です。

対策
保湿をしっかり行うことが大切です。
自分が脂性肌だ!と思って皮脂ケアばかりすると、肌の乾燥が進んでしまうので悪循環に陥ることもあります。
充分な保湿が大事です。

頬は寝ているときに枕、布団の寝具、さらにバスタオルと触れることが多い部分なので、寝具、バスタオルを清潔にすることを心がけてください。
洗濯せずに寝具をそのままにしていると雑菌が繁殖します。不潔な寝具を使うことでせっかく洗顔でキレイにした顔に雑菌がついて余計ニキビが悪化します。

あご、口周り

原因
口周りは暴飲暴食をすることでニキビが出やすい部位です。栄養バランスの悪い食生活、飲み過ぎ食べ過ぎによる胃腸機能の低下、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。
あごはストレス、冷え症など体の内部から来る要因でニキビができやすくなります。

対策
食生活に問題があると思ったら、暴飲暴食を止めてバランスの良い食事に変えていく努力が必要です。
暴飲暴食は肌の問題だけでなく、身体全体の問題に関わってきます。
暴飲暴食を改善するだけでも肌の調子はかなり変わってきますので、バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

フェイスライン

原因
ホルモンバランスが乱れることでニキビができやすい部分です。
ストレス、生理前のホルモンバランスの乱れ、ほおづえなど無意識に顔を触わって付着する雑菌、洗顔の洗い残しが挙げられます。
これ以外にも冷え症、男性の場合は髭剃りも原因になるケースがあります。

対策
ほおづえがクセでニキビができるのでしたら、腕を組むなど、普段しないやり方で手を顔に近づけない工夫が必要になります。
洗顔料をきちんと洗い流すことは明らかなのですが、洗顔の後に洗髪をすると、洗顔後の肌は敏感になっていますから、シャンプー液の洗い流しで肌に刺激を与える場合があります。
ですので、先に洗髪をしてから最後に洗顔をするなど順番を変えてみるのも良いですね。
また、髭剃りも古いカミソリのまま使い回すのではなく、なるべく新しいカミソリに変えて清潔にすることも大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする