乾燥するとニキビができやすくなる?~乾燥へのニキビ対策はこれだ~

乾燥するとニキビができやすくなる?

目次

・乾燥肌なのに何故ニキビができるのか?
・乾燥肌なのに脂性肌??

乾燥肌なのに何故ニキビができるのか?

ニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり毛穴がつまってしまうことです。
お肌の乾燥を補うために、余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がよりつまりやすく、ニキビができやすい、でしたね。

脂性肌からニキビができるのは知ってる人が多いのにも関わらず、乾燥肌からニキビになることを意外と知らない人が多いです。

では、乾燥肌の場合はもともと皮脂が少ないのにも関わらずなぜ毛穴がつまりニキビができてしまうのでしょうか?

乾燥肌の特徴は、お肌の皮脂分泌が少なく、天然のバリアである皮脂膜がしっかりと作れないところにあります。

この皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまいます。

そして、水分のなくなった角質は古く硬くなり、毛穴もだんだんと細く弱くなっていきます。

このように細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。

つまり、乾燥ニキビができる原因は、脂性肌にできるニキビと変わらず、皮脂がつまってしまうことにあったのです。

乾燥ニキビ対策のポイントは、たっぷりと水分補給を行い、皮脂膜をしっかりつくってあげること。

つまり、水分と油分のバランスをとるのが一番の解決策なのです。
乾燥ニキビを予防するには、もちろん普段の保湿も大事ですが、お肌の水分がきちんと保たれ、皮脂膜が正常に作られるようにするために、お肌の角質層の働きを正常に機能させる必要があります。

乾燥肌なのに脂性肌??

脂性肌は見た目でわかるし触るとベトベトしているので、実際は乾燥肌なのに、脂性肌と決め込んでしまう人がいます。

つまり、こういうタイプの肌は皮脂量が多い上に、水分量が少ないのです。

自分は脂性肌と思い込んで化粧水をあまりせずにいると、中身の水分量は少ないので、余計乾燥が進行します。

すると、角質が硬くなっていき、毛穴も細くなっていくと、皮脂がつまりニキビができるのです。

なので、現在、脂性肌な人はもしかすると、元々は乾燥肌だったが、そのことに気づかなかったか、乾燥肌だから大丈夫!と放置して気がついたら脂性肌に変わっていった、パターンもあるかもしれませんね。

順番として脂性肌から乾燥肌になることは考えにくいので、
今、乾燥肌でニキビがある、ない、に関わらずそのまま放置していると、脂性肌の性質も入ってニキビができやすくなるので、乾燥肌でも大丈夫と思わずしっかりと肌ケアをしていきましょう!

従って、ニキビは乾燥肌でもダメ、脂性肌でもダメ、なので、どちらにも属さない適正な肌ケアをやっていくことが大事になってきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする