白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビの原因と解説

ニキビの種類

目次

白ニキビとは?
黒ニキビとは?
赤ニキビとは?
黄色ニキビとは?
紫ニキビとは?
ニキビと一言に言っても、色々あり、

・白ニキビ
・黒ニキビ
・赤ニキビ
・黄色ニキビ
・紫ニキビ

の5種類があります。

白ニキビが1番程度が軽く下に行くほど重症になります。

まず白ニキビについて説明していきます。

・白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階の状態で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がった状態です。
ポツンと白いのがポコッと出ているアレですね。

皮脂が過剰になって毛穴に詰まると、アクネ菌が増殖しはじめます。毛穴に詰まった皮脂は、やがて芯と言われる脂肪の塊となって表面上に出てきます。

この段階でケアをして白ニキビを解消できれば、炎症を伴う黄ニキビや赤ニキビへの進行を防ぎ、ニキビ跡(痕)などの悪化した状態を防ぐことができるのです。

基本的にニキビは触ってはいけないのですが、白ニキビに関しては白いのがポコッと出ている部分にニキビの芯があるのですが、それを抜くとすぐに治ります。
ただし、指で挟んで潰すのは厳禁です。

余計悪化しますのであくまでも「抜く」を心掛けてください。
ですが、できたら、あまり触らずターンオーバーと洗顔をしっかりやれば治っていきますので、そのまま放置が一番理想です。

・黒ニキビ

白ニキビからの皮脂が過剰になって毛穴に詰まると、アクネ菌が増殖しはじめます。

毛穴に詰まった皮脂は、やがて芯と言われる脂肪の塊となって表面上に出てきます。

この状態を放置してしまうと、表面上に出てきた古い角質が空気に触れることで酸化して黒く変色し黒ニキビとなってしまうのです。

1番分かりやすいのが鼻の先についてる黒いポツポツ、いわゆる、いちご鼻というやつですね。

・赤ニキビ

黒ニキビの状態の時に適切な処理をしていないと大量に増殖したアクネ菌により皮膚組織が刺激されて炎症を起こした結果が赤ニキビなのです。

つまり、皮脂が増え過ぎるとアクネ菌が皮脂を敵とみなしてアクネ菌が暴れまわるのですね。

ですので、黒ニキビの時にどれだけ対処したかが、赤ニキビに進行するかどうかの分れ道になります。

黄ニキビ

アクネ菌に加えて、膿を発生させる原因である黄色ブドウ球菌も増殖した状態となっていて、炎症が一気に拡大していきます。
白ニキビと良く似ているのですが、

大きな違いは、

白ニキビは「皮脂

なのに対して、

赤ニキビは「

です。。

・紫ニキビ

紫ニキビというのは、毛穴内部で血と膿が混ざり、炎症も広がってしまっている状態です。

何らかの要因が働いて膿が消えず、また毛細血管も破れてしまったと考えることができます。

ここまでいくと、皮膚科に行くしかないです。。

このようにニキビといっても色々あり、程度も様々です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする