得する最新情報サイト

軽自動車


 

 

 

 

軽自動車白ナンバーについて

 

自動車の白ナンバーは普通車以上に付けられていると世間では認識されていま

 

すよね。

 

 

 

これには軽自動車は車検が義務付けられていない時期があったり、免許取得が

 

16歳であったり、高速道路での速度が80キロに制限をされていたので色を見分

 

ける必要があったのです。

 

 

 

しかし、2017年から道路運送車両法施行規則が改正され近年軽自動車でも白ナ

 

ンバーを付けている車が走ることが可能になりました。

 

 

 

ちなみにこちらの白ナンバー爆発的に人気があるそうで(特に東北)、今のと

 

ころ申し込み期間の延長などもありそうだと言われています。

 

 

 

なぜ人気なのかというと、黄色い色がダサいと若者を筆頭に不満が昔からあっ

 

たからだそうです。

 

 

 

軽自動車 白ナンバーの費用、税金、申請方法、オリンピック、登録、変更について

 

費用

 

費用に関しては寄付金と交付料金に分かれます。

 

 

 

寄付金は1000円以上寄付すると特別バージョンのナンバープレートになりま

 

す。100円単位での寄付になります。

 

 

 

寄付金は交通の利便性の向上や大会運営に使われるそうです。

 

 

 

ちなみに東京都は7000円ですが、交付料金に関しては都道府県によりそれぞれ

 

違います。

 

 

 

自分の地域の交付料金が知りたい場合は近くの運輸局・運輸支局等に確認して

 

みましょう。

 

 

税金

 

軽自動車のナンバープレートを白に変えたとしても、税金は今まで通りで変わ

 

らない料金になります。

 

 

 

・ETCの料金

 

ETCの料金も車体は軽自動車なので変わりません。ただし、人が料金の支払い

 

などをしているところは勘違いされる場合もあるので、説明が必要な時があり

 

ます。これに関してはデメリットですよね。まだ軽自動車の白ナンバーは普及

 

していないので勘違いは必ず起こってくると思います。

 

 

 

申請方法

 

申請方法は2通りあります。

 

・国土交通省にネットで申し込む

 

・ディーラーなどに交換を依頼

 

こちらのディーラーに頼む場合は「ナンバー変更代行手数料」等が別途かかる

 

と思いますので、頼む時は必ず確認しましょう。

 

 

申し込み期間

 

ラグビーオリンピック

 

申請の受付期間は2017年9月4日から2019年11月29日(予定)

 

交付期間は2017年4月3日から2020年1月31日(予定)

 

 

 

 

東京オリンピック

 

申請の受付期間は2017年9月4日から2020年9月30日(予定)

 

交付期間は2017年10月10日から2020年11月30日(予定)

 

 

 

オリンピック

 

・ラグビーワールドカップ2019

 

オリンピックがきっかけで白ナンバーが可能になった印象が強いですが、ラグ

 

ビーワールドカップが始めて日本で開催されることにより、白ナンバーが付け

 

られるようになりました。

 

 

 

ラグビーワールドカップカップは1987年から開催され、四年に一度行われてき

 

ました。

 

 

 

ちなみに今回行われる第9回ラグビーワールドカップは日本だけでなくアジア

 

においても初めてになります。

 

 

 

・東京オリンピック、パラリンピック

 

そして、東京オリンピックが2020年に開催されるに当たって、東京オリンピッ

 

ク記念のナンバープレートも2018年の10月から付けられるようになりました。

 

 

 

オリンピック、パラリンピックのナンバープレートが交付される時に2枚1組で

 

プレートが渡されるようで、どちらを車の前面、後面にするかは自由に選べる

 

そうです。

 

 

 

・ご当地ナンバー

 

そして、これはオリンピックには関係ありませんがご当地ナンバーというもの

 

が新しく白ナンバーを付けられる方法として誕生しました。

 

 

例えば、成田や京都などその地域に関したナンバーが付けられるそうです。

 

 

こちらもオリンピックと同様に寄付ありと無しが選べ、交付料金も地域で違う

 

そうです。

 

 

 

またご当地ナンバーの方はナンバー自体は白くなりますが、プレートの外側の

 

枠だけは黄色になるそうです。ここに関しては少し残念ですよね。

 

 


 

 

登録変更

 

今現在黄色ナンバーをつけている軽自動車から、白ナンバーに変更することも

 

可能です。

 

 

 

番号を変更しないのであれば難しい条件などはありません。

 

 

 

しかし番号の変更ものぞむのであれば条件がいくつかあります。

 

・新規登録の場合

 

 

・管轄変更を伴う名義変更(移転登録)または転居による住所変更(変更登録)の場合

 

 

・現在のナンバープレートが破損、汚損の場合

 

 

 

またラグビーワールドカップ使用のナンバープレートからオリンピック使用に変更も可能です。

 

 

軽自動車税早見表 

 

軽自動車の税金は取得した時期によって、税金が変わるものがあります。

 

 

平成27年3月31日以前に新規取得した車両の平成28年度以降の税率

 

 

・四輪の軽自動車

 

乗用 1営業用5500円   2自家用7200円

 

貨物 1業務用3000円   2自家用4000円

 

 

 

・原動機付き自転車

 

50cc以下 2000円

 

50cc以上90cc以下 2000円

 

90cc以上125cc以下 2000円

 

三輪の原動機付自転車(20cc超) 3700円

 

 

 

 

・小型自動自動車

 

農耕業作業用(トラクターやコンバインなど)2400円

 

特殊作業用車(フォークリフト等) 5900円

 

 

 

 

・二輪の軽自動車(バイク)

 

125cc以上250cc以下 3600円

 

 

 

 

・二輪の小型自動車(バイク)

 

250cc以上 6000円

 

 

 

 

・雪上を走行するもの(スノーモービルなど) 3600円

 

 

 

・三輪の軽自動車(20cc超) 3100円

 

 

 

平成27年4月1日以降に新規取得した車両

 

・四輪の軽自動車

 

乗用 1営業用6900  2自家用10800

 

貨物 1業務用3800 2自家用5000

 

 

 

 

・原動機付き自転車

 

50cc以下2000

 

50cc以上90cc以下2000

 

90cc以上125cc以下2400

 

三輪の原動機付自転車(20cc超)3700

 

 

・小型自動自動車

 

農耕業作業用(トラクターやコンバインなど)2400

 

特殊作業用車(フォークリフト等)5900

 

 

 

・二輪の軽自動車(バイク)

 

125cc以上250cc以下 3600円

 

 

 

・二輪の小型自動車(バイク)

 

250cc以上 6000円

 

 

 

・雪上を走行するもの(スノーモービルなど) 3600円

 

 

 

・三輪の軽自動車(20cc超) 3700円

 

 


 

軽自動車 名義変更 必要書類 

 

自動車検査証(車検証)

使用者の印鑑

所有者の印鑑

使用者の住所を証する書面

 

 

 

個人の場合

 

以下のいずれか一点

 

住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)

 

印鑑(登録)証明書

 

 

 

法人の場合

 

以下のいずれか一点

 

商業登記簿謄(抄)本

 

登記事項証明書

 

印鑑(登録)証明書

 

 

 

旧所有者の印鑑

 

・個人の場合

 

認印

 

 

・法人の場合

 

代表者印

 

 

ナンバープレート(車両番号標)

自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)

事業用自動車等連絡書

軽自動車税申告書

自動車取得税申告書

 

 

 

軽自動車検査協会  

 

軽自動車検査協会は昭和47年に設立され、軽自動車の安全性の確保、検査を国

 

に変わって行なっている機関です。

 

 

 

具体的な業務

 

・軽自動車の検査事務

 

・自動車重量税の納付の確認および税額の認定の事務

 

・軽自動車税の納付の確認の事務

 

・自動車損害賠償責任保険契約または自動車損害賠償責任共済契約の締結の確

認の事務等

(軽自動車検査協会から引用)