得する最新情報サイト

祝日


 

 

今年、2019年のカレンダーで、注目すべきは、何と言っても4月末から5月上旬

 

でしょう。

 

 

 

2019年は、ゴールデンウィークがカレンダーどおりなら、なんと10連休にもな

 

るんです!

 

 

 

それでは、2019年の4月末から5月上旬、カレンダーに並ぶ祝日について、詳し

 

く見てみましょう。

 

 

 

2019年の4月末から5月上旬、カレンダーに並ぶ祝日

 

 

まず4月29日の「昭和の日」が月曜日なので、前の2日間、4月27日と28日が土

 

日に当たり、前乗りで2日間くっつく形になります。

 

 

 

そして、5月1日の新天皇が即位する日が「2019年独自の祝日」となります。

 

 

 

そしてその前後である4月30日と5月2日を「国民の休日」として連休に数えま

 

す。

そのまま引き続き、例年どおりの祝日に入ります。

 

 

 

5月3日「憲法記念日」、4日「みどりの日」5日「こどもの日」

 

 

 

そして翌日の6日は月曜日で、ここが「振替休日」となります。

 

 

 

こういった状況により、2019年は、4月末から5月上旬まで、ずらっと祝日が並

 

ぶのです。

 

 

 

年間を通したカレンダーで見ると、4月末から5月上旬まで赤い字で記された日

 

の並びが、より目立ちますね。

 

 

 

2019年独自の祝日があるので、このように赤い「祝日」が続いていますが、来

 

年2020年からはこのような並びにはなりません。

 

 

 

2020年はカレンダーどおりなら、連休は5月2日(土)~6日(水)と、わずか5連

 

休にとどまることになるのです。

 

 

 

 

祝日祭日一覧

 

 

2019年、今年は祝日が多い年です(ちなみに現代ではお休みの日を「祭日」と

 

は言いません。

 

 

 

「祭日」は戦前までの言い方になります)。

 

 

 

2019年に祝日が多い理由は、5月1日の新天皇即位に関係しています。

 

 

 

まずは、月ごとに祝日を一覧で見てみましょう。

 

 

【1月】1日(火)「元日」、14日(月)「成人の日」

 

 

【2月】11日(月)「建国記念の日」

 

 

【3月】21日(木)「春分の日」

 

 

【4月】29日(月)「昭和の日」、30日(火)「国民の休日」

 

 

【5月】1日(水)「新天皇即位の日」、2日(木)国民の休日」3日(金)「憲法記念

 

日」、4日(土)「みどりの日」、5日(日)「こどもの日」、6日(月)は振替休日

 

 

【7月】15日(月)「海の日」

 

 

【8月】11日(日)「山の日」、12日(月)は振替休日

 

 

【9月】16日(月)「敬老の日」、23日(月)「秋分の日」

 

 

【10月】22日(火)「即位礼正殿の儀」

 

 

【11月】3日(日)「文化の日」、4日(月)は振替休日、23日(土)「勤労感謝の日」

 

 

 

 

2019年は独自の祝日があるため、ゴールデンウィークがよく見ると、10連休に

 

なっています。

 

 

5月1日に「新天皇即位の日」とその前後が「国民の休日」となっていたり、土

 

日が絡むので、10連休にもなるのです。

 

 

また10月22日(火)「即位礼正殿の儀」も2019年独自の祝日です。

 

 


 

 

祝日と祭日の違い

 

 

カレンダー上で赤く表示している休日を「祝日」「祭日」どちらで呼べばいい

 

のが、正しい使い方がわからない、という方は多いのではないでしょうか。

 

混乱したままで、なんとなく「祝日」「祭日」という言葉を使ってはいる人も

 

いるかもしれませんね。

 

 

 

実のところ、現在では正しくはすべて「祝日」と呼ぶのが正しいのです。

 

 

 

では「祭日」とは何なのか、というと、以前は日本で普通に使われていた言葉

 

になります。

 

 

「祭日」は「皇室のまわりの神道にまつわる、お祭りの日」のことであり、戦

 

後、皇室の扱いが変わって法律が改定されてからは「祭日」ではなく「祝日」

 

と呼ぶこととなったのです。

 

 

 

つまり「祭日」というのは「祝日」の古い呼び方なんですね。あるいは「祭

 

日」が休日だったので、現在は「祝日」として残ったとも言えるのです。

 

 

 

かなり年配の方は「祭日」のあった時代を生きて来た人なので、現在も日常的

 

に「祭日」という言い方をしているかもしれませんね。

 

 

 

そういえば昔は、各家庭が家の門に日の丸を掲げて「祭日」を祝っていまし

 

た。

 

 

 

最近はほとんど日の丸を掲げている家を見かけなくなりましたが、祝日に「今

 

日が何の日なのか」を知っておくことは、常識として役立つかもしれません。

 

 

 

ぜひ意識してみて、充実した祝日を過ごしてください。



 

 

祝日2019年

 

 

 

2019年は祝日がイレギュラーになる年です。

 

 

まず、2019年は大きな変化として、5月に元号が変わります。

 

 

元号が変わるのは、天皇陛下が退位され、皇太子さまが新たな天皇として即位

 

するからです。

 

 

 

そして、祝日にもその影響があらわれます!

 

 

 

「新天皇即位の日」は5月1日で、ゴールデンウィークのまっ只中に当たりま

 

す。

 

 

 

そして5月1日の前後日も「国民の休日」とされ、休日扱いです。

 

 

 

そのため、カレンダー通りなら4月27日の土曜日から始まって、小措置のゴー

 

ルデンウィークは10連休となります。

 

 


 

 

どのようにして10連休になるのか

 

 

どのようにして10連休になるのかというのは、以下のとおり。

 

 

 

4月27日が土曜日、4月28日が日曜日、4月29日が「昭和の日」、4月30日が「国

 

民の休日」5月1日が「新天皇即位の日」、5月2日が再び「国民の休日」、5月3

 

日が「憲法記念日」、5月4日が「みどりの日」5月5日が「こどもの日」、そし

 

て5月6日は月曜日で振替休日。

 

 

 

即位の日があるのと、土日の絡みがあるため10連休となるのであって、10連休

 

のゴールデンウィークは今年限定です。

 

 

 

さらに10月22日に「即位礼正殿の儀」という祝日があります。

 

 

 

これも今年限定の祝日です。2019年はこのとおり祝日が多いのですが「天皇誕

 

生日」は存在しないのです。

 

 

 

今までの12月23日の天皇誕生日は廃止されます。

 

 

 

そして、新しい天皇誕生日は2月23日になります。2019年2月23日は、まだ平成

 

ですので祝日にはならないんですね。

 

 

 

このように2019年祝日は、かなりイレギュラーですから、祝日については、ま

 

た来年2020年は改めて確認したほうがよさそうです。