得する最新情報サイト

木下サーカス


 

 

 

 

木下サーカスとは

 

 

木下大サーカスは日本のサーカス団です。その歴史は長く、創立から100年以

 

上続いていて、日本最古とも言われています。老舗中の老舗ですね。

 

 

 

1902(明治35)年、中国・大連での創業以来、木下家四代にわたって、他に類

 

を見ないファミリー企業(同族企業)として波乱と進化の歴史を歩んできまし

 

た。

 

 

 

インターネット全盛の現代、種々のゲームにユーチューブ、地上波、衛星放

 

送、映画・演劇・コンサートのビデオと再現性の高い娯楽がたくさんありま

 

す。

 

 

 

そうしたなか、ライブの一回性に体を張って勝負するキラーコンテンツが「木

 

下大サーカス」です。木下サーカス株式会社は、2カ月前後の公演を年に4~5

 

回行い、年間120万人の観客を魅了します。

 

 

 


 

 

木下サーカスは世界三大サーカスのひとつ

 

 

ボリショイサーカス(ロシア)、リングリングサーカス(アメリカ)とともに世

 

界三大サーカスと言われています。

 

 

 

日本のサーカスが世界三大サーカスのひとつに入っているのは嬉しいですね。

 

 

現在、木下サーカスの年間観客動員数は120万人。

 

 

これはアメリカのリングリング・サーカスに次いで世界第二位にランクされて

 

います。

 

 

社長が目指す「世界一」とは

 

 

社長が目指す「世界一」は動員数にとどまらず、アーティスト、演技内容、音

 

楽、照明、施設、それに社員の待遇面など多岐にわたります。

 

 

 

タイでは森林の乱伐ですみかを奪われ、野生象が激減。最新の調査で確認され

 

たのは約6千頭で、10数年前のほぼ半数といいます。

 

 

 

木下サーカスではワシントン条約で象の売買が禁止された後の昭和62年(1987

 

年)、タイ政府の許可を得てショーに出演する象の契約を結びました。

 

 

 

以降、保護目的で収益の一部を贈り続け、総額が約1千万となったため、病院

 

建築に生かすことで政府と合意しました。

 

 

 

4代目社長唯志の夢は、専用のサーカス・ドーム劇場を建設することだそうで

 

す 。

 

 

「ホームグランドと地方公演を組み合わせての興行。外国にあるようなサーカ

 

ス・トレーニングセンターや動物の調教センターも併設したい」と、入社時の

 

志は、今も胸の中にしっかりと収められています。

 

 

 

日々進化をモットーにしてる木下大サーカス

 

 

ピエロ・空中ブランコ・オートバイ・猛獣など、基本的なプログラムの中にも

 

アッと驚く仕掛けが隠されていて、全く古臭くありません。

 

 

特に空中大車輪はハラハラドキドキの感動です。

 

 

子供のころ見に行ったものと違いを感じられると思います。

 

 

サーカス会場への飲食物の持ち込みは禁止されてますが、その分売店が充実し

 

ています。

 

 

100種類を超えるオリジナルグッズのほか、お菓子や飲み物、フライドポテ

 

トやポップコーンなどの軽食、生ビールも販売されています。

 

 

 

大きなイベントで心配なのが・・・

 

 

 

大きなイベントで心配なのがお手洗い。

 

 

 

特に小さな子どもが一緒だとオムツ交換できるかどうかも気になるところで

 

す。

 

 

 

サーカス会場内には車イス用のスロープがついたバリアフリーのお手洗いを含

 

めて全て洋式トイレ。

 

 

女性用14個室、男性用16ヶ所と充実してます。

 

 

テントの外側にはベンチや自動販売機も設置されているのでゆっくり休憩する

 

こともできます。

 

 

 


 


木下サーカスのチケット料金

 

 

サーカスに行ったことのない方はチケットがいくらくらいなのかもわかりませ

 

んよね?

 

 

 

 

チケットには種類があります。

 

 

木下大サーカスの会場は、真っ赤な楕円形の巨大テント。

 

 

中は中央にステージとバイクホールが鎮座し、ステージ正面にリングサイドA

 

席、両サイドにB席、C席と続きます。

 

 

後方は中央からロイヤルブルー席、ロイヤルイエロー席、自由席となっていま

 

す。

 

 

観客席は約2000人収容ですが、ステージからの距離が近くコンパクトにま

 

とまっているので、後ろ側の席でも十分にショーを楽しむことができます。

 

 

席によって見え方ががらりと変わるので、何度でも足を運んでほしいです。



 

チケット

 

リングサイドA 2,500円

 

リングサイドA 入場券付き(おとな) 5,400円

 

リングサイドA 入場券付き(こども) 4,400円

 

リングサイドB 2,000円

 

リングサイドB 入場券付き(おとな) 4,900円

 

リングサイドB 入場券付き(こども) 3,900円

 

ロイヤルブルー 1,800円

 

ロイヤルブルー 入場券付き(おとな) 4,700円

 

ロイヤルブルー 入場券付き(こども) 3,700円

 

 

※おとな=高校生以上/こども=3歳~中学生(※全て税込)

 

※2歳以下のお子様は、膝の上に乗せてご観覧ください。(入場無料)

 

※入場券付き以外のチケットをお買い求めの方は、別途入場券が必要になりま

す。

 

 

自由席前売券(入場券) おとな 2,900円

 

自由席前売券(入場券) こども 1,900円

 

 

 

当日券(入場券) おとな 3,300円

 

当日券(入場券) こども 2,300円

 

 

 

※2歳以下のお子様は、膝の上に乗せてご観覧ください。(入場無料)

 

※自由席は先着順のため、満員の際はご入場をお断りする場合がございます。

 

 

 

基本的には入場券があれば入って自由席で観ることができます。

 

近くでじっくり観たい方は指定席の購入をおススメします。

 

 

 

当日券はホームページにクーポンがあって、チケット購入時に提示すると1枚

 

につき4名まで、1枚300円づつ割引してくれます。

 

 

 

 

 

 

大阪公演の紹介

 

 

 

2018年12月8日(土)~2019年3月11日(月)まで、大阪公演をやっています。

 

 

プログラム(変更あり)

 

オープニングショー

 

つりロープショー

 

アメイジングサファリスペクタクル

 

奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー

 

世紀のオートバイショー

 

かわいい象さんのショー

 

夢のダブル空中ブランコショー

 

決死の空中大車輪スーパーイリュージョン

 

空中アクロバットショー空中リングショー

 

古典芸 板綱

 

その他の日本古典芸 他

 

七丁椅子の妙技

 

華麗な一輪車の曲乗りパレード

 

青竹渡りバランスショー 他

 

 

見てるだけでワクワクする演目ですね。

 

 

 

大阪公演は、大阪駅前うめきたグランフロント西特設会場で開催されてます。

 

 

「うめきたグリーンプロジェクト×木下大サーカス」は、大阪の緑化意識を高

 

めようという企画です。

 

 

公演では緑(花)の妖精が、夢の世界へ誘うスペシャルプログラムもあります

 

 

毎週「緑の日」を設定し、来場者に抽選で花の種をプレゼントするなど、「う

 

めきた緑化」を推進する様々な企画があります。

 

 

 

アクセス

 

 

JR大阪駅、Osaka Metoro 御堂筋線 梅田駅 より徒歩約3分

 

阪急梅田駅、阪神梅田駅 より徒歩約5分

 

会場には駐車場、駐輪場はないので公共交通機関で行くのがおススメです。