得する最新情報サイト

将棋


 

 

 

 

 

将棋連盟順位戦  

 

 

順位戦とは名人戦の前にある予選のことを言います。

 

 

 

順位戦はA、Bで2組、Cで2組の5つのグループに分かれてトーナメント形式で

 

行われます。

 

 

 

C2組が最も下のグループであり、一番上がA組である。

 

 

 

成績が良い棋士は上のグループに1年に一度昇格できる。

 

 

 

名人にはA級しか挑戦できないので、最短で5年で名人になることができます。

 

 

 

将棋順位戦結果  

 

 

1月23日現在の順位は

 

A級

 

羽生善治九段 6勝1敗

 

稲葉 陽八段 2勝5敗

 

広瀬章人竜王 6勝1敗

 

佐藤康光九段 4勝3敗

 

久保利明王将 3勝4敗

 

豊島将之二冠 6勝1敗

 

深浦康市九段 1勝6敗

 

三浦弘行九段  3勝4敗

 

糸谷哲郎八段 4勝3敗

 

阿久津主税八段 0勝7敗

 

 

 

 

B級1組

 

渡辺 明棋王 10勝0敗

 

行方尚史八段 5勝5敗

 

 屋敷伸之九段 4勝6敗

 

橋本崇載八段 3勝7敗

 

木村一基九段 6勝4敗

 

 山崎隆之八段 6勝5敗

 

 谷川浩司九段 5勝6敗

 

郷田真隆九段 6勝4敗

 

菅井竜也七段 3勝7敗

 

斎藤慎太郎王座7勝3敗

 

松尾 歩八段 5勝5敗

 

 野月浩貴八段 2勝8敗

 

畠山 鎮七段 4勝6敗

 

 

 

B級2組

 

丸山忠久九段 4勝4敗

 

北浜健介八段 3勝5敗

 

横山泰明六段 6勝2敗

 

村山慈明七段 5勝3敗

 

中田宏樹八段 2勝6敗

 

中村太地七段 6勝1敗

 

澤田真吾六段 4勝4敗

 

飯島栄治七段 0勝7敗

 

藤井 猛九段 4勝4敗

 

窪田義行七段 6勝2敗

 

井上慶太九段 2勝6敗

 

中村 修九段 1勝7 敗

 

畠山成幸八段 2勝6敗

 

中川大輔八段 5勝3敗

 

佐々木慎六段 5勝3敗

 

鈴木大介九段 2勝6敗

 

大石直嗣七段 6勝2敗

 

田村康介七段 3勝5敗

 

阿部 隆八段 4勝4敗

 

千田翔太六段 7勝1 敗

 

永瀬拓矢七段 8勝0敗

 

戸辺 誠七段 4勝4敗

 

飯塚祐紀七段 5勝3敗

 

先崎 学九段 1勝7敗

 

 

 

C級1組

 

森下 卓九段 5勝3敗

 

青野照市九段 3勝5敗

 

佐々木勇気七段 3勝5敗

 

高崎一生六段 6勝2敗

 

宮田敦史七段 5勝3敗

 

近藤誠也五段 7勝1敗

 

杉本昌隆七段 8勝0敗

 

阿部健治郎七段7勝2敗

 

千葉幸生七段 4勝4敗

 

小林裕士七段 2勝6敗

 

青嶋未来五段 6勝2敗

 

宮本広志五段 5勝3敗

 

金井恒太六段 4勝4敗

 

船江恒平六段 7勝1敗

 

村田顕弘六段 3勝5敗

 

佐藤秀司七段 3勝5敗

 

高橋道雄九段 4勝4敗

 

豊川孝弘七段 4勝4敗

 

西尾 明六段 5勝4敗

 

高野秀行六段 3勝5敗

 

島  朗九段 4勝4敗

 

北島忠雄七段 4勝4敗

 

片上大輔七段 4勝4敗

 

日浦市郎八段 0勝8敗

 

門倉啓太五段 2勝6敗

 

泉 正樹八段 2勝6敗

 

堀口一史座七段 1勝7敗

 

近藤正和六段 3勝5敗

 

真田圭一八段 5勝3敗

 

塚田泰明九段 4勝4敗

 

藤井聡太七段 8勝0敗

 

都成竜馬五段 4勝4敗

 

増田康宏六段 5勝3敗

 

田中寅彦九段 3勝5敗

 

富岡英作八段 1勝7敗

 

安用寺孝功六段 3勝5敗

 

福崎文吾九段 2勝6敗

 

平藤真吾七段 3勝5敗

 

阪口 悟六段 5勝3敗

 

 

 

C級2組

 

長沼 洋七段 3勝5敗

 

石井健太郎五段 7勝1敗

 

遠山雄亮六段 5勝3敗

 

大橋貴洸四段 5勝3敗

 

今泉健司四段 3勝6敗

 

佐々木大地四段6勝2敗

 

伊藤真吾五段 4勝4敗

 

黒沢怜生五段 6勝2敗

 

村中秀史六段 6勝2敗

 

牧野光則五段 4勝4敗

 

阿部光瑠六段 6勝2敗

 

西田拓也四段 7勝2敗

 

高見泰地叡王 6勝2敗

 

佐藤和俊六段 7勝1敗

 

石田直裕五段 5勝3敗

 

上村 亘四段 4勝4敗

 

竹内雄悟五段 5勝3敗

 

大平武洋六段 1勝7敗

 

八代 弥六段 3勝5敗

 

三枚堂達也六段 6勝2敗

 

渡辺大夢五段 4勝4敗

 

高野智史四段 6勝2敗

 

田中悠一五段 4勝4敗

 

中村亮介六段 5勝3敗

 

及川拓馬六段 8勝0敗

 

桐山清澄九段 0勝8敗

 

中田 功八段 2勝6敗

 

梶浦宏孝四段 4勝4敗

 

村田智弘六段 1勝7敗

 

瀬川晶司六段 3勝5敗

 

西川和宏六段 4勝4敗

 

中座 真七段 3勝5敗

 

矢倉規広七段 4勝4敗

 

神谷広志八段 3勝5敗

 

杉本和陽四段 5勝3敗

 

南 芳一九段 3勝5敗

 

長岡裕也五段 1勝7敗

 

藤森哲也五段 3勝5敗

 

井出隼平四段 2勝6敗

 

佐藤慎一五段 2勝6敗

 

島本 亮五段 1勝7敗

 

佐藤紳哉七段 5勝3敗

 

脇 謙二八段 1勝7敗

 

渡辺正和五段 3勝5敗

 

斎藤明日斗四段 4勝4敗

 

古森悠太四段 3勝5敗

 

長谷部浩平四段 5勝3敗

 

池永天志四段 5勝3敗

 

 


 

 

将棋順位戦A級  

 

A級は順位戦の中でも将棋界の強者が集まるグループです。

 

 

 

広瀬章人竜王や久保利明王将などのように他のタイトル保持者が在籍してお

 

り、誰が勝ってもおかしくないのがA級です。

 

 

 

A級で一番勝率が高かった人が、名人への挑戦権を得ます。

 

 

 

今回の77期順位戦では残り2局の状態で三つ巴の状態になっていおり、豊島二

 

冠、羽生九段、広瀬章人竜王の3人が勝敗で並んでる接戦になっています。

 

 

在籍者

 

・羽生善治九段

 

・稲葉 陽八段

 

・広瀬章人竜王

 

・佐藤康光九段

 

・久保利明王将

 

・豊島将之二冠

 

・深浦康市九段

 

・三浦弘行九段

 

・糸谷哲郎八段

 

・阿久津主税八段

 

 

 

 

将棋順位戦速報    

 

・池永四段が石田五段に勝ち、5勝3敗で3連勝しています。

 

 

 

・牧野五段が竹内五段に勝ち、4勝4敗でこちらも3連勝です。

 

 

 

・藤井聡太七段が順位戦で18連勝をして歴代1位タイになりました。これで8勝

 

0敗になっています。18連勝は中原誠16世名人に並ぶ快挙です。

 

 

将棋ルール  

 

将棋は2人で行われるボードゲームの一種です。

 

 

 

歩や金、飛車を将棋駒といい9×9将棋盤の上で動かします。

 

 

2人で向かい合って座る。

 

 

将棋盤の自分側3マスを自陣、相手側3マスを敵陣と呼びます。

 

 

8種類の駒を使い、相手の王を動けなくさせれば勝ち(詰み)になります。

 

 

 

将棋棋譜速報  

 

棋譜とは将棋において対局者が順番に打った手を記録したものの事です。

 

 

先手は黒い駒、後手は白い駒で表されることが多い。

 

 

先手から見て右上から数字で1、2~9と数え、縦に上から一、二~九と呼びま

 

す。

 

 


 

 

将棋タイトル戦  

 

タイトル戦と呼ばれているものは以下の8つです。

 

 

竜王戦

竜王線は6組に分かれてトーナメント戦を行い、各組で通過者を1~複数人を決

 

める。

 

 

 

更にその通過者でトーナメント戦をやり、一名の竜王挑戦者を決める。

 

 

 

竜王線は七番勝負で行われます。

 

 

 

 

名人戦

 

名人戦はA級順位戦を勝ち抜いたものが名人に七番勝負を挑むタイトル戦。A級

 

で同率首位が出た場合はプレーオフで名人への挑戦者を決める。

 

 

 

尚、B級以下はその組みで良い成績を残すことにより上のクラスに昇格でき

 

る。

 

 

 

 

叡王戦

 

一番新しいタイトルです。

 

 

 

まず段位戦を行い、そこで買ったものが本戦トーナメントに出場します。本線

 

で優勝したものが叡王への挑戦権を獲得します。

 

 

 

 

王位戦

 

まず複数の組に分かれて予選トーナメントを行いそれぞれ勝者を1人決め、その

 

あとその予選通過者とシード4人で挑戦者決定リーグを行う。

 

 

 

挑戦者決定リーグ優勝者が王位に挑戦する。

 

 

 

王位戦は七番勝負です。

 

 

 

 

王座戦

 

一次、二次予選を行い通過者を決める。通過者とシードで挑戦者決定トーナメ

 

ントを行い王座への挑戦者を決める。

 

 

 

王座とは五番勝負で戦う。

 

 

 

 

棋王戦

 

棋王戦はまず予選トーナメントを各組で行い、1人の通過者を決めます。

 

 

その通過者とシードで本戦を行い1人の棋王挑戦者を決めます。

 

 

そして4位以上の敗者で敗者復活戦を行い、勝ち残ったものが棋王挑戦者の2人

 

目になります。

 

 

 

棋王挑戦者2人で戦い、勝ったものが棋王に挑戦します。

 

 

棋王との戦いは五番勝負になります。

 

 

 

 

王将戦

 

王将戦は全ての棋士が参加するタイトル戦です。

 

 

 

一次予選と二次予選があり、トーナメント形式でおこなわれて勝者を決めま

 

す。

 

 

 

そしてその勝者とシード4人でのリーグ戦を行い、最も勝利の多かった棋士が

 

王将に挑戦します。

 

 

 

王将との戦いは1月から3月にかけて七番勝負で行われます。

 

 

 

 

棋聖戦

 

棋聖戦は一次トーナメント、二次トーナメント、決勝トーナメントを行い、決

 

勝トーナメントの優勝者が棋聖と七番勝負を行います。

 

 

 

将棋タイトル 保持者 

 

竜王 広瀬章男

 

名人 佐藤天彦

 

叡王 高見秦地

 

王位 豊島将之

 

王座 斎藤慎太郎

 

棋王 渡辺明

 

王将 久保利明

 

棋聖 豊島将之

 

 

 

将棋タイトル 賞金 

 

竜王4200万円

 

名人2000万円

 

叡王2000万円

 

王位1000万円

 

王座800万円

 

棋王600万円

 

王将300万円

 

棋聖300万円

 

朝日杯1000万円

 

NHK杯500万円

 

 

 

将棋ゲーム 無料 

 

将棋のゲームは沢山ありますが今回は無料でかつ有名なものを紹介します。

 

 

できるだけどんな人でも楽しめるように初心者向け中心になります。

 

こまお

 

駒落ちができるので、初心者の勉強に最適の無料将棋ゲームです。

 

 

 

ハム将棋

可愛いハムスターが相手の将棋です。トレーニングモードが初心者の練習にぴ

 

ったりです。

 

 

 

きのあ将棋

対戦相手の棋風を選べるので、自分の苦手な戦い方の練習になります。

 

 

 

■将棋アプリ 百鍛将棋

こちらはスマートフォンで遊べる将棋アプリです。シンプルな作りになっています。